バンクイック口コミ

他社借入が有っても借りられる?

「バンクイック」の情報で「案外他社で借入れが有るけれど借りられた」という口コミが少なくありません。基本的に他社借入が有ると審査に通りにくいと言われていますが、「バンクイック」の書き込みにそのような事も少なくないのは何故なんでしょう。

 

総量規制で他社借入が影響する

2010年の貸金業法の改正で総量規制が完全施行となりました。この法律は消費者金融や信販会社が融資する時は、年収の3分の1以内と制限を受けるようになりました。そのため年収が450万円の人なら150万円までしか借りることができません。

 

150万円も借りることができれば充分だと思うかもしれませんが、あくまでも最大限度額であり、実際はもっともっと少ない融資額になることが多いです。

 

銀行は総量規制の対象外

「バンクイック」は、三菱東京UFJ銀行のカードローンなので、総量規制の対象外になります。たとえば消費者金融のキャッシングは年収300万円の人なら、100万円までしか借りられないのですが、「バンクイック」なら100万円以上でも貸して貰えるということです。

 

つまり、他社借入が有ったとしても年収による制限はないので、審査で返済できると判断できれば年収の2分の1程度まで借りられる可能性があります。ですから、基本的には「バンクイック」の最大融資限度額は500万円なので、年収に関係なく審査に通れば融資が可能です。

 

他社借入が有っても大丈夫

他社で借り入れがない方が審査は有利に進められるのは当然ですが、「バンクイック」は借入件数より借入額を重要視します。たとえば、5社で100万借りている人より、2社で100万借りている人の方が信用度は高いとみられます。ですから、借入件数が少なければ「バンクイック」の審査に通る可能性は高くなります。

 

他社借入がメリットになる場合がある

新しくカードローンを申し込んだ人と、すでに他社借入がある人を比べると「他社借入がある人」の方が有利になる場合があります。

 

何故なら、すでに他社借入がある人は信用情報機関の個人情報に利用履歴が書き込まれていて、利用履歴に何の問題もなければその人は「信用できる人」と判断されます。ですから、すでに借入が有っても、事故無く返済を続けている人は審査に通りやすくなるとも言えるでしょう。