バンクイック口コミ

「バンクイック」はアコムに丸投げといううわさ

三菱東京UFJ銀行行員が語る「ローン審査はアコムに丸投げ」

実際に「Business Journal」という情報サイトに掲載されていたタイトルで、内容は三菱東京UFJ銀行の現役行員が語ったという内容の記事ですが、内容でちょっと気になる部分があったので紹介したいと思います。

 

「銀行は名前と場所を貸し付けているだけ」

 

この記事の中で関心を持たれているのは、

「実質的には、銀行は名前と場所を貸し付けているだけ。(途中略)過去、個人が銀行から融資を受ける際は、かなり厳しい審査基準があったものだが、今の銀行のローン商品は、かつての「サラ金」の基準での貸し付け」

と言う部分です。ある意味、本当の事なんだろうなと思えるような内容です。

 

ただ、本来銀行の融資審査は、ムチャクチャ厳しい基準があるのですが、バンクイックに関しては、その厳しい銀行基準で審査されているのではなく、アコムと同等の審査基準で審査されているということです。

 

融資を希望する側からしてみれば「ステータスの高いメガバンクのローンなのに、消費者金融並みの審査だ」というところが、最大の魅力になってないでしょうか。

 

アコムの審査がなぜ悪い?

つまり、銀行のローン商品と言いつつ、実態は業者に丸投げということでしょうか?

 

A氏 :これら銀行のローン商品だが、もともと銀行側はそのノウハウがない。
そのため、保証会社、すなわち消費者金融業者側に業務は丸投げされており、ほぼ業者のノウハウで運用されている。

 

なので、銀行側から見ると、従来の銀行での融資業務では考えられない緩い審査基準となる

 

この記事から、銀行の顔でサラ金の商売をしている、言い換えれば良い人のフリをする悪役、という批判めいたメッセージですが、利用者側からみれば「で、それがなにか?」という話のようなものです。

 

そもそも苦手分野を他の企業との業務提携は、普通によくあることで、バンクイックとアコムの提携も別に特別な事ではありません。

 

ただ保証会社がアコムなので、バンクイックの審査をする時に、自社内に残された顧客情報をきっちりチェックするはずなので、以前にアコムで審査に通らなかった人や、アコムで金融事故が有れば必ず見抜かれますので、そういう人はバンクイックはお勧めできません。